たまごのひび

Category : 
tag : 
鎌倉の義朝詣で、続きです。

5.勝長寿院跡
勝長寿院跡1
頼朝が父・義朝の菩提を弔う為に建立した大寺院の跡地。頼朝は京より義朝とその従者、鎌田正清の首を取り寄せこの地に埋葬しました。
勝長寿院跡3 勝長寿院跡4
室町時代に廃寺となってしまい、現在は碑や義朝・正清の墓(源義朝公主従供養塔再建委員会作成)が住宅街の路地にあるだけとなっています。
勝長寿院跡2
義朝の墓の隣に寄り添う正清の墓…ここでも主従は一緒なんですね。

鶴岡八幡宮の東側、頼朝の墓の南にあります。鎌倉市雪ノ下4−6辺り。
金沢街道から大御堂橋を渡ってすぐ左折し、1本目の路地を右折してしばらく行くと駐車場の隣にフェンスに囲まれた一角があります。


※寄り道:釈迦堂切通し
釈迦堂切通し
勝長寿院跡からさらに東に行ったところにある切通し。映画「ただ、君を愛してる」の天国の森への入口がここなんです。森自体は違うけれど。
今は落石のため通行禁止になっていて見えませんので、入口だけ…


6.頼朝の墓
源頼朝の墓
鶴岡八幡宮の北東にあります。
悲しい事に先日、頼朝の墓が荒らされたため、地元の方が警備されていました。でも色々ご説明くださって、ありがたかったです。頼朝の女性関係と政子の対抗の話で盛り上がりましたw政子最恐ですねえw

隣には頼朝の同母弟である希義の、土佐にあるお墓の石と土が置かれています。
希義の墓石
これは平治の乱後、頼朝は伊豆、希義は土佐に流されたまま再会することができなかった兄弟の墓の石と土を交換し合ったとのこと(1994年)。
大河ドラマ「平清盛」では頼朝は由良の一人っ子と描かれていましたが、少なくとも由良からは頼朝、希義、そして坊門姫の3人が生まれています。
坊門姫は一条能保の妻となり、その娘は後鳥羽天皇の乳母となっていて、坊門姫の存在は頼朝の接点となっていたそうです。そして坊門姫の血、つまり義朝の血は五摂家の九条・一条・二条家に受け継がれているんですよね。また、大正天皇の后、貞明皇后は九条家出身。現皇室にも義朝の血筋が繋がっているわけで。歴史ってすごいなと思わずにいられません。


次回で終わりです。

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tamago17.blog31.fc2.com/tb.php/1499-d6b8b74d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

 

たまご

Author:たまご
好きなもの、好きなこといっぱい。好奇心旺盛B型。なぜか秘書OLやってます。
フランス大好きB'z好き。あと玉木宏も。
最近は今さらコスメにハマっていろいろ探索中。超乾燥肌&敏感肌のくせにデパコス好き。

そんなたまごの本サイト→
Carrousel

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ

最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

Count

(2007.11~)

BlogLinks

Links

管理人たまごの本サイト★ Carrousel

管理人の「のだめカンタービレ」ブログ
Le Bosquet



口コミでPRをお考えならモニタープラザ
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!


ランコム ローズ マガジン


*Tamaki*