たまごのひび

Category : 
tag : 
2日目。

時差ぼけで4時には全員起床wさすがに早すぎてテレビもろくな番組やってない(さらにバカンス時期の日曜日、朝は本当に見るものがない)し、日の出まで2時間以上あるという状況、ゴロゴロしてガイドブック読んだり私はネットしたりして過ごしました。しかも、昨晩から大雨。何も出来ません。

7時になって朝食を取りにレストランに行ったら、本日の一番乗り。ビュッフェ朝食は完全セルフだけど、パンはバゲット、ミニサイズのクロワッサン、パン・オ・ショコラ、パン・ド・ミー、ビスコット。フレークも数種類、ヨーグルトにフルーツに、さらに温かいスクランブルエッグとカリカリベーコン。大満足な種類!ま、確かに朝食12ユーロなので当然といえば当然だけど、でもこの充実した朝食に両親は大満足でした。
2011France-Chamonix pdj
しかし、止まない雨。景色なんて見えません。雨のシャモニーなんて何をすればいいのか…。
フロントのオーナーに尋ねたところ、お勧めされたのは山岳博物館。でもそれだけじゃあねえ…。
悩みながらも、とりあえず雨が落ちつかなければ9時くらいまでやることもないので、また部屋でゴロゴロしつつ、やっと始まったニュースを見たり、France3おなじみのクイズ番組を見たりして、なんとか時間が経つのを待っていたところ、やっと雨が上がりました。時刻は9時。しかも、晴れ間まで見えて来た!
ということで、早速行動開始。


晴れたということで、向かったのはシャモニー国鉄駅の裏、モンタンヴェール登山列車乗り場。メール・ド・グラースを見に行きました。
2011France-Montenvers
駅までの徒歩5分の間にどんどん晴れて日差しが…山の上も雲が晴れて来ています。これは行けるかも!
登山列車はまだそこまでは混んでおらず、狙い通り左側の席に座れました。列車は急勾配をどんどん進んで行って、その途中も素晴らしい見晴らし。
あっという間にメール・ド・グラースの駅に到着すると、雲はあるものの綺麗に晴れ!氷河の奥にはグランド・ジョラスも綺麗に見えます。いい景色!!
2011France-Mer de Glace
ただ、真夏だし仕方のないことだけど、氷河がかなり溶けて岩が見えてしまっていて、迫力はあまりなかったな。それは残念だけど、ここはそこまで標高が高くないしね…(それでも1900m以上)

街に戻ってもまだ11時。街はすっかりいい天気で暑くなって来たので、これは行けるかも?と、昨日行ったミディに再挑戦することにしました。
ロープウェイ乗り場に着くと人だらけ。どうやらクローズしているよう…係の人を捕まえて訊いてみると、止まっている原因は技術問題だそうなので、解決したら動きそうと思って、その列に並びました。待つ事30分程度で動きだし、思ったより早く乗れたことは乗れたのですが…窓口に「強風のため閉鎖」の張り紙が。どうやら、中間駅から先のロープウェイが止まっているよう。それでも中間駅で休んでいる間に動くかもしれないので、とりあえず中間駅に行ってみることに。
中間駅に着くと、上方は真っ白…そして強風…。
残念ながら、どんどん雲が厚くなってきたので、諦めて下山しました。
この帰りのロープウェイの中で急に具合が悪くなってしまった私。高山病なのか、風で揺れるロープウェイに酔ったせいなのか、地上に降りてもふらふらで動けなくなってしまいました。
しばらくベンチで休み、一旦ホテルに戻ったのですが、途中に通るレストランからは、この地方ならでは、チーズの匂いが…余計に気持ち悪くなってしまい、ハンカチを口と鼻にあててなんとか通り過ぎ、ホテルに戻ったときにはぐったり。
こうなると、困るのが食事。私も両親も、海外旅行で和食は食べたくないタイプなので、レトルトものとかも全く持って来ていない。でもここの食べ物はもれなくこってり。どうするか悩む中、シャモニーには和食レストランがあることを思い出し、急いで場所を調べて、そこでうどんを食べる事にしました。うどんなら食べられる。ってかだしの味なら大丈夫。
お邪魔したのは「SATSUKI」。シャモニーに詳しい親会社の役員から教えていただいたお店でした。
ありついたうどんはとても美味しくて、食べ終わる頃には大分元気になってきました。本当に、和食は素晴らしい。両親が食べた定食も美味で、しかもお値段もお手頃。そのため、お店はランチタイム終わり頃にも関わらず満席。日本人は私達だけでした。殆どがバカンスで来ているヨーロッパ人のよう。これほどちゃんとしたお店がちゃんと流行っているのは嬉しい限り(日本人じゃない人がやってる似非日本食店が増えまくっているから…)。

その後も雨は降ったり止んだりだし、何より雲が厚くて山の方には行けないので、街をふらふら歩いてましたが、小さな街なので、あっというまに端まで行っちゃうので、結構つらかったです。
やっと16時になったので、観光局に急ぎました。シャモニーの観光局には、日本語ぺらぺらのベルナデッドさんがいて、日本語パンフレットをもらえたり観光相談を日本語でできるのです。
この地を訪れている日本人がこの時間を待っていたようで、オープンしてすぐ行ったのに数人すでに並んでいました。
私の場合は特に日本語でないと訊けないわけではないけれど、やはり母国語は楽だからねえ。
ベルナデッドさんには、雨だったらどこがお勧めか訊いたところ、山岳博物館と、ル・トゥールをお勧めされました。ル・トゥールはバスで30分くらいで、ロープウェイとリフトを乗り継ぎ、終点から少し歩くとスイス国境に行けるそう。シャモニーに宿泊している旅行者は「カルト・ドット」というカードをもらえ、それがあるとシャモニーの谷のバスが乗り放題という、素敵なカードなので、ここにもタダで行けるのです。

観光局を後にして向かったのは、その前にある教会。ここで毎週日曜日の17時から、オルガンコンサートがあるとの垂れ幕を見て、行ってみたのです。
15分前に着いたらもう人でいっぱい。雨だし、やることもない小さな街では、このコンサートは目玉なのかもしれません。アジア人の姿はほぼ見なかったけど…
コンサートはオルガンとトランペットという珍しいデュオで、ともにパリのコンセルヴァトワール出身の人。
これがもう、素晴らしかった!
トランペットは、これほど柔らかな丸い音で奏でられるのかと思ったくらい。そしてびっくりの超絶技巧。これでも昔トランペットをやっていましたので、それがどれほど大変なのかよくわかります。だってトランペットって3つしかピストンないのよ。だからピストンの押し方なんて数個しかなくて、あとはマウスピースで自分でコントロールしなきゃいけないので、早吹きはとても難しいんです。
オルガンも素晴らしかったし、1時間のコンサートがあっという間でした。
曲目も古典から現代曲まで幅広く、歌曲を編曲したものもあり、飽きません。
コンサート料金は無料だけど、コンサートの維持のためにチップを出すというシステム。もちろん少し多めにおいてきました。大満足!

夜はまだレストランに行けるほど食欲が回復していないために、パン屋でキッシュはパイを買ってホテルで軽めに済ませました。両親に申し訳ないです…。
そして22時には就寝。時差ぼけバリバリ。

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tamago17.blog31.fc2.com/tb.php/1437-776850ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

 

たまご

Author:たまご
好きなもの、好きなこといっぱい。好奇心旺盛B型。なぜか秘書OLやってます。
フランス大好きB'z好き。あと玉木宏も。
最近は今さらコスメにハマっていろいろ探索中。超乾燥肌&敏感肌のくせにデパコス好き。

そんなたまごの本サイト→
Carrousel

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ

最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

Count

(2007.11~)

BlogLinks

Links

管理人たまごの本サイト★ Carrousel

管理人の「のだめカンタービレ」ブログ
Le Bosquet



口コミでPRをお考えならモニタープラザ
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!


ランコム ローズ マガジン


*Tamaki*