たまごのひび

Category :  cinema
tag : 
昨日10/1より公開の映画「大奥」。
初日に見て参りました♪
映画の日だったしね。

客層はほぼ女性。男性は数名見たのみ。いやーさすが…。
入口に冊子タイプのフライヤーも置いてあったので、無事ゲトできました。これ、出たばかりのときはどこも品切れだったんだよね…。

ということで、ネタバレです。


男女逆転の世界については、思っていたよりも自然に入り込めました。
よしながふみの作品は、「西洋骨董洋菓子店」でもそうですが、BL要素やらゲイやらが出てくるわりに、背景がしっかりしているというか、物語に無理がないので、BLが苦手な私でも面白く読めるのがすごいところ。
人間がしっかり描かれているというか。
この「大奥」もそんな作品でした。


とにかく役者が良い。
私は玉木ヲタですが、玉木は期待していた以上に良かったです。出てくるだけで自然に引き寄せられる存在感がすごい。誰よりも姿勢が良い(というか、胸をきっちり張っているため、着物がとても映える)。色気というか迫力があった。
その中で、細かい表情が良い。一見穏やかに優雅に見える裏側で、出世欲、嫉妬、野心、冷徹、色々なものが渦巻いているのが一瞬見える。それが良い。
ある意味、彼を中心にした物語としても見てみたいと思えたくらいだった。それは松島という役の面白さだと思う。

佐々木蔵乃介さんがまた良い。大奥の権力者として、腹に一物も二物もある侮れない人物。松島でさえ取り込まれるほどの大きさがあって、見入ってしまった。
玉木も蔵さんも、そこにいるだけで大奥の重要人物であることが伝わる存在感を出していました。
藤波中心の物語としても見てみたいなー。

阿部サダヲさんも良い。シリアス演技しているのを初めて見たけど、大奥でしか生きられない男の悲哀、水野への信頼、すごく印象的だった。

この3人が大奥において画面を締めていて、安定感があったことが良かったと思う。


大倉君は妖艶。今日のテレビで素の姿を見たときは全然何とも思わなかったけど、この物語の中ではとても妖艶で美しかったし、大奥で必死に生きている姿が胸を打った。

堀北真希ちゃんのお信ちゃんはかわいかった。町娘って感じがかわいい。
和久井映見さんの加納はまた流石。昔からこの方の演技が好きだったけど、やっぱり好き。

そして、柴咲コウちゃんの将軍様は、漫画から抜け出て来たみたい。きりっとしててカッコいいし、威厳もすごい。まさに将軍。
それでいて、御鈴廊下で水野を見初めた後、表に戻って加納と語らうシーンはかわいらしさも見えて素敵だった。


ということで、役者陣良かったです。
…主役さんを除いて…。

いや、ニノも演技そのものは良かったと思う。
でも。この水野にはそもそもミスキャストだと思った。
何よりも、その姿。とてもじゃないけど剣の達人には見えない。武士にも見えない。江戸っ子の商人にしか見えなかった。水野は大奥の誰よりも武士の誇りを持っている人物なのに、それが全然見えない。江戸っ子商人がきばってるくらいにしか見えないんだ。
姿勢が悪いんだよね。だから、すごく小物に見えてしまって、将軍が曲がりなりにも一瞬で見初める感じがしない。
お褥に向かうときなんて、存在感ものすごい蔵さんと玉木の間で、連れてこられた子供のようにしか見えなくて、あらららら…と苦笑。とてもとても、覚悟を決めて、凛として向かう水野に見えなかった。
それは致命傷だったと思う。
せめて胸を張って、姿勢よくしていて欲しかった。それだけでも違うのに。
他の人で見たかったな…。岡田将生くんとか(雷桜のCM見て、結構着物姿が良かったので)、せめて貧相じゃない人で。
なんか巷では玉木が水野やればとかいう意見もあるみたいですが、年齢からしても水野はないでしょー。玉木は松島で良いと思う。


あと、最後の主題歌で台無しだったと思うわやっぱり。せっかく音楽が良かったのに、歌で萎える。これはこの作品に限らず、邦画ではいつも思ってしまうことなんだけど。
まあ、それ以前に、アイドル歌で終わりなんてなあ…ちょっとねえ…。


文句はそのくらいですね。あと1回は見たいなと思えるくらいのシーンは多かったので、また見よう。

コメント

同感です
以前「真夏のオリオン」の記事ときに、子どもが見るのはok?とお尋ねした者です。

私も「大奥」を見てきました。たまごさんと同感だった(水野がにのでなかったら…とちょっと残念に思った)ので、また書きこませてもらいました。

やっぱりにのでは、見た目的に無理がありましたね。
(ちょっと子どもっぽすぎて頼りない感じがしたし、身長はどうしようもないですが、玉木君や佐々木さんが大きいので、小さいのが目立ちましたね。)

水野役は、岡田君もいいですが、三浦春馬くん(「サムライハイスクール」で武士役がはまってた)や、または小栗旬さんだったらどうだったかなあ。と思います。
三人ともキリッとしていて似合いそうです。

でも、監督さんは二宮くんを絶賛していましたね。
まわりからも髷が似合うとか、殺陣がうまいとか言われていましたが、実際にそうなのかな…??

にのは、自然体な役のほうが似合うと思います。

玉木君は特別出演なのに出番も多くて、インパクトがあってよかったです。
「世にも奇妙な…」も見ましたが、やっぱり松島のような美しい役の方があってます。

ルックスを生かした役ばかりだと演技の幅も広がらないかもしれないけど、見るほうからすると、無理がないので入っていきやすいと思いました。

次の「ギルティ」はいったいどんななんだろう。楽しみです。




2010/10/06 12:47URL  piro #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tamago17.blog31.fc2.com/tb.php/1360-0771b039
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

 

たまご

Author:たまご
好きなもの、好きなこといっぱい。好奇心旺盛B型。なぜか秘書OLやってます。
フランス大好きB'z好き。あと玉木宏も。
最近は今さらコスメにハマっていろいろ探索中。超乾燥肌&敏感肌のくせにデパコス好き。

そんなたまごの本サイト→
Carrousel

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ

最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

Count

(2007.11~)

BlogLinks

Links

管理人たまごの本サイト★ Carrousel

管理人の「のだめカンタービレ」ブログ
Le Bosquet



口コミでPRをお考えならモニタープラザ
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!


ランコム ローズ マガジン


*Tamaki*