たまごのひび

Category :  cinema
tag : 
のだめ完成披露試写会前編1
のだめ完成披露試写会前編2

さて、感想です。

まずは完成披露試写会なので舞台挨拶。

出演は、のだめ、千秋、フランク、ターニャ、ゆうこ、孫Rui、テオ、ポール、くろきん、エリーゼ、ミルヒー(役名)。そして武内監督(快癒おめでとうございます!)。
司会はフジの軽部アナ。やっぱりこの人じゃないとね。

メンバーは左手真ん中のドアから客席に入り、中央の台で一旦止まって、その後ステージへ。
台に上る時、玉木が樹里ちゃんの腕を取ってエスコートしてたり(なんかやらしいなw)、玉木が横のウエンツのパーカーを脱がそうとしてたり(2回も)、面白かったです。

私は前から4列目の中央ブロック、通路側だったんですが、逆サイドを通って行ってちょっと残念でした。
しかし、なんといっても4列目。肉眼でしっかりガン見できました!

キャストは全員役の衣装で来たんですが、両脇のウエンツベッキーがカラフルなだけに、中央の主役、玉木と樹里ちゃんが2人してモノトーンだったので、ペアルックみたいに見えたw

まずは独りずつ挨拶。チャド(ポール)のちょっと寒い挨拶の後のくろきんが不幸でしたが、それはやっぱりくろきんだからw福士君いいねー。
その後、また独りずつ見所を話していったのですが、樹里ちゃんはまた迷ってしまっててw撮影の思い出なのに、いつしか食べ物の話(後編の撮影ではピザやパスタでも大丈夫になったそうだw)や2ユーロ(安!!)のぺたんこ靴を買って石畳を歩いたことなど、話してましたwかわいいんだー!!
そこに玉木、思わず「食べ物の話か!」とツッコミ。でもそのツッコミ、他の人よりも優しいんだよねーw他の人へのツッコミは容赦なく鋭い玉木なのに、樹里ちゃんへはやっぱり優しいのは今回よくわかりましたw
玉木は、指揮シーンがだんだん気持ちよくなって来たそうで。あの素晴らしい指揮を自分のものにしている証拠ですね。頼もしい。
あと笑ったのは、ウエンツ。7~8回ヨーロッパと日本を往復したそうで、マイルがたまったけど、J○Lさんあぶないから…と発言し、「放送できることを話して下さい」と軽部さんに言われる始末wwウエンツww

最後に、主役2人からメッセージ。
樹里ちゃん、「もっといい映画館で見て下さい」発言をしてしまいw玉木が「いや、ここも良いホールだから…」とフォローされてしまうw
あーもう、この2人のやりとりかわいくて微笑ましくて大好きだーーーー!!

そして、最後の最後、引っ込む寸前に何やら樹里ちゃんが玉木にこっそり話をして、2人で「楽しい音楽の時間デス(だ)!!」と叫んでくれたのが、すっごく嬉しかった!!そういうファンサービス、2人とも大好きだもんね。

舞台挨拶は各種メディアに取り上げられていますので、そちらでもご確認ください。
しかし、30分くらいかと思っていたのに、約1時間も挨拶に時間取ってくれて、本当に嬉しい。


そんな興奮の中、映画試写です。
感想はネタバレになりますので続きを。

一言。

のだめ組最高ーーー!!!


もうもうもう、最初から最後まで2時間1分。あっという間で、腹の底から笑って泣いて、じーんとしての繰り返し。
細かいギャグ、音楽の素晴らしさ。
その対比が活きていて、結果的にマルレの再生というテーマが感動的になっています。
それはチェレスタの依頼をされて舞い上がって変態の森(モンサンミシェルにあるw)にまで行ってしまうくらい喜ぶのだめを奈落の底に突き落とすRuiの登場という場面ですごくわかる。良かったですこのシーン。
2人の恋愛も、のだめと千秋らしく、出しすぎずでも甘い、絶妙なさじ加減に萌え萌えしましたw
松田さんの登場も良かったですねえ。あの、単行本の落書きたった1コマの「ジャンのポスターに落書き」を再現してしまって、松田さんの性格をよーく表してくれてて。あのシーンを入れてくれてありがとう!!最高に笑いましたw

音楽シーン。
まず玉木の指揮。
素晴らしい!!
シネスコサイズにピッタリのダイナミックな指揮で、繊細さ大胆さを余すところなく表現しています。玉木の指揮はさらに進化していて、本当に指揮者に見えました。本当の音楽が聴こえてきました。
「1812年」は本当にそれがわかる素晴らしさ。
そして、何といっても楽しみにしていたバッハの弾き振り!!
このチェンバロ協奏曲はピアノがほぼ鍵盤から指が離れないので、弾き振りの場合指揮者=ピアニストは目や顎、顔の表情だけでオケに指示するわけです。だからコンマスとの信頼を表すのにふさわしい曲なんですが、目だけで合図するわけで、普通の指揮者でもとても色っぽいしかっこいいんですよ。
原作でもものすごく萌えたこの演奏シーン、玉木が素晴らしいパフォーマンスで魅せてくれました!目が、表情が、色気ムンムン。鬱々としたバッハのメロディにピッタリの玉木千秋のピアノ。本当に素晴らしく、うっとり萌え萌えしました。もっと見たかった。

音楽シーンではのだめのピアノももちろん素晴らしく、樹里ちゃん本当に弾いてましたねー。
音源(ラン・ラン)ものだめっぽくて良かったし。
あと、くろきんのオーボエは素晴らしすぎて、本当の演奏者にしか見えませんでしたwこんなにくろきんにピッタリな人がいるとは…w

ストーリーは後編に向けて引っ張ります。
ラストに向かってシリアスになり、いったいこの先どうなるの!?とストーリー知っているのにドキドキします。


そして、後編の予告!!
うぎゃーーーーーこたちゅーキタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!
コタツで2人のレッスンキタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!
予告だけでわかる千秋ののだめラブっぷりに期待値MAXですよ!!


もうねー、早くまたもう一度見たくて、繰り返し見たくて、そして見たら後編を早く見たくて仕方がない!!
私、通います。水曜日はのだめの日。そして土日もヒマさえあれば通います。

やっぱり、のだめ組を信じてきて良かった。
最高です!!
ありがとうのだめ組!!


愛の1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へ
にほんブログ村


ブログをお持ちの方はこちらも。後で伺います♪
おきてがみ


テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

コメント

レス
>sさん
sさんも間に合って良かったです!
ロックオンは撮ったそうなので、これは見たかったですよねえ…無念。でも仕方ないかな。松田さんの落書きをやってくれたし、よしとしようかとw
ストーリーも、あれで正解でしょうね。わかりやすく、シンプルにしたほうがいいし。
音楽は大満足!玉木の指揮姿はほんとに素敵でしたねー!!
何回見に行くか、恐怖ですw
2009/12/14 11:48URL  たまご #-[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/12/10 23:27  #[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://tamago17.blog31.fc2.com/tb.php/1205-7c278d01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

 

たまご

Author:たまご
好きなもの、好きなこといっぱい。好奇心旺盛B型。なぜか秘書OLやってます。
フランス大好きB'z好き。あと玉木宏も。
最近は今さらコスメにハマっていろいろ探索中。超乾燥肌&敏感肌のくせにデパコス好き。

そんなたまごの本サイト→
Carrousel

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ

最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

Count

(2007.11~)

BlogLinks

Links

管理人たまごの本サイト★ Carrousel

管理人の「のだめカンタービレ」ブログ
Le Bosquet



口コミでPRをお考えならモニタープラザ
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!


ランコム ローズ マガジン


*Tamaki*