たまごのひび

Category :  フランス語学習
tag : 
フランス語の手紙文例集フランス語の手紙文例集
フランス語で手紙を書く。フランス語を数年勉強していれば簡単なことだと思われますが、結構難しいんです、これが。
日本語でもそうですが、手紙にはルールというか形式があり、口語では使わない慣用句も多く登場します。
留学前、最初の2ヶ月間受け入れしてくれるホームステイ先へ手紙を書かなくてはならないとき、本屋で探して買った本です。

この本の良い点は、まずシチュエーションが多いこと。
近況報告から挨拶状、依頼文、ラブレターやその断りレター(!)、恋人と別れる時の手紙まで網羅されていて、相手も目上の人から友達まで、実に色々な表現を掲載しているので、とても便利です。
しかも、文章も古くさくないし、綺麗なフランス語です。
悩み相談への回答なんてのもあります。しかも恋愛。
文例集の本はいくつかありますが、これが一番実用的だと思います。
渡仏する人、フランス人に手紙を書きたい人にぜひお勧めしたい1冊です。
あ、ただの読み物としても面白いです。特に恋愛関係の手紙(笑)。

手紙って難しいですよね。
日本語でも挨拶文や結語など、いちいち確認しないと心配で書けないし。
フランス語は特に形式的なのか、クレームにも正しい書き方もあるくらい。商業フランス語の授業ではクレーム手紙の書き方まで勉強しました。

最近は手紙どころか1文もフランス語を書いていない(ってか話してもいない)ので、そろそろいい加減勉強しないといけないな・・・と思ってます。
思ってるだけだけど(笑)。
フランス語のブログを書こうと思ったけど、きっと1日も保たない気がするので(笑)。

Category :  フランス語学習
tag : 
発音について、もう一つ思い出したこと。 フランス語には、日本語には存在しない音がいくつかあります。
中でも特徴的なのがRの発音。
英語とも全く違うその音は、うがいの音に似ています。
慣れるまでははっきり言ってその音を出すのがいやでした。恥ずかしかったんだもん。

そして、もう一つ。
私を悩ませたのが「ウ」の音。
日本語で「ウ」と発音するものはいくつかあって、ouは普通に「ウ」と発音します(日本語よりももっと唇を前に突き出し口をすぼめて発音するのが正しいのですが)。
問題は、他の音。euやoeの綴りは日本語では「ウ」ですが、実際にはouとは全く違う音なのです。
euは舌を下の歯の裏につけ、口は軽く「オ」の形に開いて発音します。oeは舌の位置は同じで、口をもっと大きく開けます。
これで発音してみてください。「ウ」は「ウ」でも全く違う音でしょう?
そして、発音しながら、鏡を見てみましょう。

・・・アホ面、じゃないですか?


渡仏前に通っていた語学学校で、この「ウ」の発音の区別ができていないことを指摘され、徹底的に矯正されましたが、とにかくこのアホ面が恥ずかしくて、なかなかOKが出なかったのを思い出します。
だって、口をポカーンと開けて、馬鹿みたいなんだもん。
日本語にはあんな顔をする発音はないですから、自分がこの上なく恥に感じちゃうんですよ。
だってだって、女の子だもん!(笑)
もっとフランス語を上手に話したい、でもあの顔は恥ずかしい・・・とジレンマに陥ったのでした。


今?
・・・教わった通りに発音を心がけています。顔はどうでもいいです。
[Read More...]
Category :  フランス語学習
tag : 
昨夜、父親が突然私に尋ねました。
「フランス語で5キロのことと100キロのことを3キロって言うのって本当か?」
いきなり何を言うのかと思ったら、トリビアで出たそうで。

フランス語で5はCinq(サンク)、100はcent(サン)と言いますが、数字の後に単位や対象となる物が来る場合(5kgとか)、cinqは「サン」と発音します。なので、5キロも100キロもカタカナにすると「サンキロ」なんですね。
厳密に言うと、5は口を「イ」の状態にして発音するので「セン」に近い音(エとイの中間の音)になり、100は反対に口を縦に開いて喉の奥で発音するので「ソン」に近い音になります。
この音の違いは日本語にはないものなので、区別するのに苦労をしやすいものの一つです。
私はこの発音の違いを、留学時代に語学学校で徹底的に発音を勉強するまで、理解できていませんでした。
大学4年の冬、初めて一人でフランスを旅した時に泊まったホテルは「505号室」だったのですが、毎日フロントで「ニュメロ・サンサンサン」とカタカナフラ語で話しては通じずに苦労をしたこともあります。見かねたフロントのおじさんが発音を直してくれたものです。
さすがに今はちゃんと区別して聞き取りも発音もできるけれど、最初の頃は大変だったなあ。
unもenもinも同じ音だと思ってたもんなー(日本語にすると全部「アン」となります)。
大学の先生達もちゃんと教えてくれればよかったのにー。(って私が聞いていなかっただけじゃん)

そういえば、有名なシャンソン「オ~~~シャンゼリゼ~♪」も、私はずっと「Oh!シャンゼリゼ」だと思ってました。語学学校の授業で歌詞カードを見てそれはびっくりしたものです。
(正解は「Aux Champs-Elysees(シャンゼリゼで)」でした。Ohって英語じゃんね・・・)
Category :  フランス語学習
tag : 
金色の眼の猫留学関連のコンテンツを扱っている為か、「フランス語習得にオススメの本はありますか?」という質問をされることが多いです。
私の場合、仏語を始めたのが大学の専門としてだったので、独学でゼロから学ぶ方法についてはよくわからないのですが、それでも「これはイイ!」と思える本などを、レベル別に紹介していこうと思います。

ということで、さっそく。今日のお勧めは、初心者~初級向けのCDブックのご紹介です。

『金色の眼の猫』Le chat aux yeux d'or
絵本形式のCDブックです。
この本の良い点は、よく使う表現が一杯含まれていること。このCDを繰り返し聞き、フレーズを覚えることで、旅行から議論まで対応できるようになります。最初のうちは挨拶程度のことから始まり、ホテルの予約やカフェやお店での注文の仕方、道案内。体調を伝えたり、自分の意志を伝えたり、と、非常に上手くまとまっています。話すスピードも最初はゆっくり、聞き取りやすく、だんだんスピードが上がっていきます。スラングも出てくるので、普通の教科書よりも実践的です。
別冊として、文法や語彙の説明も詳しくされているので、これ1冊でOK。
元々、NHKラジオフランス語講座で使われていた話、というだけあって、よく練られています。
全くの初心者には向かないですが、少しだけフランス語を囓った人や、フランス語会話を勉強したい人には最適な本です。
[Read More...]
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

 

たまご

Author:たまご
好きなもの、好きなこといっぱい。好奇心旺盛B型。なぜか秘書OLやってます。
フランス大好きB'z好き。あと玉木宏も。
最近は今さらコスメにハマっていろいろ探索中。超乾燥肌&敏感肌のくせにデパコス好き。

そんなたまごの本サイト→
Carrousel

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ

最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

Count

(2007.11~)

BlogLinks

Links

管理人たまごの本サイト★ Carrousel

管理人の「のだめカンタービレ」ブログ
Le Bosquet



口コミでPRをお考えならモニタープラザ
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!


ランコム ローズ マガジン


*Tamaki*